このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: まはる ★ 2017/04/07(金) 22:28:51.85
    20代のうち「週に3日以上飲酒する習慣がある」のは男性が18.0%、女性が8.8%と、全平均の30.8%よりも大幅に少ない
    東京都生活文化局がこのほど実施した「健康と保健医療に関する世論調査」でこんな結果が出た。
    50代の男性の半数近くが「毎日~週5・6日は飲む」としているのと対照的だった。

    20代男性の飲酒の頻度で最も多かったのは「週に1~2日」で、32.6%。
    これに次いで多かったのが「飲まない」が25.3%、「月に1~3日」が21.1%だった。
    一方、「週に5~6日」は1.1%、「毎日」は9.5%と、頻繁に飲酒する人は少数派だった。

    20代女性の場合は、「飲まない」が34.2%でトップ。次いで「週に1~2日」(30.4%)、
    「月に1~3日」(26.6%)が上位を占めた。「毎日」「週に5~6日」はともに2.5%に過ぎなかった。

    一方、飲酒回数が最も多かった50代男性の場合は、「毎日」が34.6%、
    「週に5~6日」が15.4%、「週に3~4回」が9.2%との回答が集まり、約6割が2日に1度飲酒していた。

    全体的に、男女ともに飲酒の頻度が高い人は40代以上に多く、
    30代以下には少ない結果となり、世代間の飲酒に対する価値観の違いが浮き彫りになった。

    各世代の調査結果を合計すると、「飲まない」と答えた人は前回調査時(2014年)から3.3ポイント増の41.6%に増え、
    「毎日」と答えた人は同1.0ポイント減の17.3%。日本人から飲酒の習慣自体がやや薄れていることが分かった。

    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1704/07/news126.html

    【若者の酒離れ 20代の約3割は「飲まない」50代男性は半数が「週5で飲む」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 野良ハムスター ★ 2016/11/08(火) 09:14:59.79
    映画『スター・トレック』の世界では、有名なワープ・ドライブ(ワープ航法)のおかげで、銀河系の横断がいとも簡単だ。このフィクションのテクノロジーを使えば、人類やその他の文明は何百年もかけることなく、わずか数日で恒星間を移動できる。

    現実世界では、そこまでの高速移動は不可能だ。なぜなら、宇宙の仕組みを説明するアインシュタインの特殊相対性理論によると、光速より速く移動するものは存在しないから。

    現行のロケット推進システムはこの法則に縛られているものの、野心的なエンジニアや物理学者が数多く、スター・トレックの宇宙移動に少しでも近づくための概念設計に取り組んでいる。

    「現在もっとも先進的な恒星間旅行のアイデアでさえ、最寄りの恒星まで数十年から数百年の移動時間がかかります。壁は、特殊相対性理論、それに超高速で移動するための技術不足です」と言うのは、恒星間飛行に向けた取り組みを専門とする非営利団体イカルス・インターステラーの創設者であるリチャード・オバウシー氏だ。

    「光より速く移動できる宇宙船を作ることができれば、銀河の探査と人類移住の可能性が開けます」

    (中略)

    1994年、メキシコの理論物理学者ミゲル・アルクビエレ氏が、スター・トレックファンに希望の光を与えた。氏は、アインシュタインの特殊相対性理論に反しない、超光速航法の説を唱えたのだ。

    宇宙船そのものを光速まで加速させるのではなく、宇宙船周辺の時空構造をゆがめてしまえばいいのでは? アルクビエレ氏は、時空間にバブルを作る計算を提示した。バブルは、その後方が拡大し、前方が収縮することで推進する。この理論にしたがえば、宇宙船はバブルに沿って運ばれ、光速の10倍以上の速度までの加速が可能になる。

    机上ではシンプルだが、実現のためには、反物質といったあまり理解の進んでいない変わった形態の物体を利用する必要がありそうだ。さらに、バブルを作ってコントロールするには、未解決の問題が無数に存在するとオバウシー氏は言う。

    それでも、とこう付け加えた。「15世紀にいくら考えても、21世紀のテクノロジーの素晴らしさを予想することはできなかったでしょう。同様に、27世紀の人類がどのようなテクノロジーを習得しているかなんて、誰にもわかるはずがありません」

    no title

    http://natgeo.nikkeibp.co.jp//atcl/news/16/110100411/

    【ワープ航法は実現可能か? 時空のバブルを作れば光速の10倍以上で移動可能】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 白夜φ ★ 2017/04/07(金) 00:54:22.27
    頭の回転速い高齢者「スーパーエイジャー」脳の萎縮少ない 研究
    2017年04月06日 17:07 発信地:マイアミ/米国

    【4月6日 AFP】人間の脳は加齢に伴い萎縮していくが、中には他の高齢者よりも脳の量が減らず、おそらくそれが理由で頭の切れが衰えない「スーパーエイジャー」と呼ばれる人々が存在するとの研究論文が4日、発表された。

    米国医師会雑誌(JAMA)に掲載された論文によれば、80歳以上の高齢者の中でもスーパーエイジャーは一般的な高齢者と比べ、大脳皮質が厚かった。
     
    脳の最も大きな部分を占める大脳皮質は、しわが刻まれた表層部で、前頭葉、頭頂葉、側頭葉、後頭葉の4つの部分に分かれ、思考から発話、音声処理、視覚や味覚などの知覚情報までのすべてをつかさどっている。
     
    論文の主著者で米ノースウエスタン大学(Northwestern University)の臨床神経心理学の博士課程生であるアマンダ・クック(Amanda Cook)氏は、「スーパーエイジャーの存在は、加齢によって必ずしも認知機能が低下するわけではないことを示唆している」と主張する。
    --- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

    ▽引用元:AFPBBNews 2017年04月06日 17:07
    http://www.afpbb.com/articles/-/3124174

    【頭の回転速い高齢者「スーパーエイジャー」 脳の萎縮少ない】の続きを読む

    このページのトップヘ